☆「海猿・BRAVE HEARTS」水中撮影日誌



水中映画の金字塔!


PHOTO by T.TANAKA

「海猿3-LAST MESSAGE」の大ヒットから2年・・・・・。

「海猿」の続編を望む声が途切れることは無かった。

監督以下の製作スタッフは、そんなファンの声に応えるべく、
映像化不能とも思われる壮絶な海難事故に挑むことになった。

エンジントラブルを起こした旅客機が東京湾に着水を試みる。
仙崎の機転で無事着水できたかと思われたが、次々とトラブルが乗客を襲う。
特殊救難隊に入隊を果たした仙崎と吉岡は、乗客の命を救うことがきるのか・・・・・。
2人のBRAVE HEARTSはこの難局を乗り切れるのか・・・・・。



「海猿・BRAVE HEARTS」公式サイト

「海猿・BRAVE HEARTS」制作ブログOPEN



過去の「海猿水中撮影日誌」へ


●山梨ロケスタート!
11月下旬。
すでに肌寒くなった山梨で水中シーンのロケが始まった。
ダイビングプールの底に鎮座した旅客機の胴体部分。
この飛行機・・・・・実は本物の旅客機をそのまま移設したもの。
撮影スタッフ全員の入念なチェックを終えて、
間もなく注水が始まり水中に沈められるのを待っている。
しかし、水中セット最大の難関が待ち受けていた。
完全に遮蔽された胴体部分からの緊急脱出口が無い・・・・・。


●スペックアップ
今回、水中撮影用に組み上げられたカメラは、
前作のカメラのスペックをはるかにしのぐ4Kカメラとなった。
重さも前回をしのいで総重量90圈
水中セットに入ってカメラテストを始めた武田は絶句した。
フィンを動かすどころか、まったく身動きが取れず、
本物の水中拘束に陥ってしまうことが発覚したのである。
しかし、この状態の中で撮影を敢行しなければ、
決してクランクアップの日はやってこない・・・・・。


●恐怖のコックピット
水中シーン最初の難関はコックピットだった。
操縦室に入ったことがある人は解かると思うが、
とにかく狭い!
この狭いスペースの中に、水中撮影スタッフ、水中照明、
特殊効果、役者が入り乱れることになる。
まだ、水中に沈められる前に撮影スタッフ全員で、
カメラポジション、役者の配置、サポートチームの配置、
などなど入念な打ち合わせが行われた。


●細部にこだわる
前作同様、水中セットはあらゆる細部まで本物なのである。
写真は、村松機長の制帽。
武田は思った。
「こんなもの映りゃしないし、撮影に邪魔なだけだ・・・・・」
しかし、巨大スクリーンに映し出されるシーンに、
一分の隙もあってはならない。
ここに監督の「海猿」のリアリティに対するこだわりと、熱き思いが
込められているのである。


●天地無用
水中セット機体内部の様子。
写真が天地逆さまになっているわけではない。
胴体部分は、この状態のまま水中に沈められた。
放置された手荷物、無数に垂れ下がった酸素マスク、
もちろんギャレーや機内サービス用品までもが散乱している。
普段着の状態で、カメラの移動経路を辿ろうとするのだが、
歩くことすらままならない状態である。
果たして、90圓離メラをトラックできるのだろうか・・・・・。


●ドライスーツでも寒い
肌寒くなってしまった山梨のプール。
水温25度の状態を保とうとするが、なかなか上手くいかない。
武田は、のほほんとドライスーツで撮影に臨んだのだが、
1日数時間にわたる撮影では、ドライスーツでも震えがくる。
リトライを余儀なくされる役者たちは、
特設の「海猿温泉」で、しばしの休憩を取るのである。
撮影用に完全に外光を遮蔽した水中セットのプールには、
太陽の恵みが降り注ぐことは無い・・・・・。


●役者魂全開
いよいよ水中撮影本番スタートの日。
写真は水中カチンコを手にする伊藤英明さん。
今回も抜群のダイビングスキルだけでなく、
思わずスタッフも唸るような役者魂を存分に披露してくれた。
そして、1週間近くにまで及んだ、過酷かつ無理難題の
水中シーンに果敢にチャレンジし続けてくれた。
もちろん、本編ではその鍛え抜かれた肉体美も披露してくれました。


●クライマックス
いよいよ水中のクライマックスシーン。
「BRAVE HEART]全開で深海底に挑んだ仙崎。
そこで、仙崎が眼にしたものとは・・・・・。
モニタールームで小さな画面に見入っていた監督以下の
スタッフ達も思わず息を呑んでそのシーンに引き込まれたという。
水中カメラの白黒ファインダーからもその熱き想いは伝わってきた。
絶対乞うご期待のクライマックスである。


●クランクアップ!
実は、山梨ロケ最終日は、地獄だったのである。
朝の8時から撮影開始、終了は夜の8時。
昼食や休憩を差し引いても10時間以上も
水の中にいた計算になる。
しかし、前作を凌ぐ無理難題続出の水中撮影は、無事終了した。
水中撮影班はもちろん、スタッフ全員が心地良い充足感に
包まれたことは言うまでも無い。
「海猿」フォーエバー・・・・・

★水中撮影スタッフ★

・水中撮影・
武田 篤(フォトン)
坪内 一(スターツ)
田中 知二(フィッシュバード)
五島 三徳(後藤アクアティクス)

・ダイビングコーディネーター・
金城 将憲